このような方は要注意!

コンタクトレンズ使用法を間違えるととっても危険

コンタクトレンズはもはや多くの方々に使用されている視力矯正法かと思います。ですが長 年の使用で慣れてしまい、取り扱いが雑になってしまっているケースや正しくない使い方をしているケースも多く、コンタクトレンズによる障害が多く報告されています。
日本科医会などのアンケートによると、一年間に約150万件ものコンタクトレンズによる障害が起こっていると推測されるとのこと。つまり、コンタクトレンズ使用者の10人に1人の割合で障害が発症しているということになります。
ここではコンタクトレンズ危険性を紹介します。目の健康への理解を深めましょう。

要注意! あなたは大丈夫ですか?

  • 正しい使用法を理解せずに使用し続けている
  • 定期検診をうけていない
  • 寝るときも外さず装用している
  • コンタクトレンズや少し破損した状態でも装用している
  • 十分な洗浄をしていない

グラフ <strong>コンタクトレンズ</strong>の種類別<strong>眼</strong><strong>障害</strong>の発生率

酸素の透過性がハードと比べて少ないソフトコンタクト。酸素が不足すると角膜内皮細胞が死滅してしまいます。一旦死滅してしまうとその細胞は復活できません。つまり減る一方ということです。
レンズの性能以上に長時間(期間)連続装用してしまうということはとても危険なことなのです。また、カラーコンタクトレンズはソフトコンタクトより更に酸素の透過性が低いので「要注意」です。
ハードコンタクトなら安心というわけではなく、やはり長時間(期間)の連続装用は負担も大きいですし、またきちんと洗浄していない場合は感染症の危険性が出てきます。

どのような病気を引き起こすのか?

コンタクトレンズによる障害

症状について

  • 目の痛み
  • 目の充血
  • 違和感
  • 目やにがでるなど

障害の内訳は「アレルギー性結膜炎」が1番多く、次いで角膜表面に細かいがつく「点状表層角膜症」、角膜上皮がはがれる「角膜上皮びらん」などです。
こうした角膜は、早期にケアしないと、部分より細菌が侵入し、角膜潰瘍を引き起こし失明する可能性もあります。コンタクトレンズによる障害は多くあり、下に幾つか記します。

アレルギー性結膜炎・巨大乳頭性結膜
コンタクトレンズによる障害のなかで1番多い障害です。まぶたの裏側が荒れ、コンタクトレンズによる機械的な刺激や汚れに対してのアレルギー反応によって起こる症状です。
角膜上皮びらん
コンタクトレンズの長時間装用やレンズの機械的刺激により起こる障害です。角膜の最表面部分の細胞が脱落します。症状が悪くなると合併症を引き起こし失明の恐れもあります。
点状表層角膜
角膜表面についた細かい点状ので、角膜表面の細胞が部分的に脱落している状態です。原因はレンズの汚れ、ドライアイ、ケア用品に対する反応などさまざまです。ひどくなると異物感や充血などの症状があります。軽度のときには自覚症状がないので、科医の定期健診は必須です。

ほかにも「角膜潰瘍・角膜血管新生・角膜内皮障害」などの危険な眼障害を引き起こす可能性があります

上記で取り上げた以外にもたくさんの病気が考えられます。
コンタクトレンズを気軽に使っている方や誤った使用をしている方は「失明する危険性がある」ことを十分理解して下さい。しかも自覚症状なく進行しているケースがたくさんありますので危険とは常に隣り合わせと思って下さい。あくまでも異物を目に装着しているのですから...。

コンタクトレンズの不経済

コンタクトレンズを使い続けるといくら?

コンタクトレンズを20年間使い続けると、なんとその金額は91万2,000円!しかも検査や手入れのわずらわしさに加え、障害危険による心配を考えると、その負担は金額以上のものがあります。トリプルRイントラレーシックアドバンスは初期投資こそ負担が大きい治療ではありますが、当院の価格設定は長期的に見ればむしろ経済的であり、しかもわずらわしさや、眼障害の危険からの解放など、価格では表せないメリットも魅力です。

目の状態をチェック!

レーシックの適応検査であなたの状態がわかります

以上のことから、「コンタクト危険性」「コンタクトの不経済」がご理解いただけたと思います。
トリプルRイントラレーシックアドバンスを受けることでそういった危険性を回避でき、また非常に経済的だということがわかります。
トリプルRイントラレーシックアドバンスの適応を調べる検査では、厚生労働省より免許を取得した視能訓練士が検査し、科専門医が状態を詳しく診察します。
コンタクトレンズのせいで、に違和感が...」という方は、一度ご自身の状態を検査してみてはいかがでしょうか?

検査のお申し込みはこちらから

鏡やコンタクト無しの生活

鏡やコンタクト使用している皆さんは毎日、ちょっとした煩わしさを我慢していることと思います。例えば、部屋に入った途端に鏡が曇ってしまう、鼻柱が痛いなど。コンタクトレンズでも、アレルギー反応、障害の痛みに悩んでおられる人は大勢いらっしゃいます。朝、を開けた瞬間に良く見えるようになりたい、鏡やコンタクトレンズなしにスポーツやレジャーをエンジョイしたい。LASIKのレーザーによる視力矯正はそんなあなたに最適です。
過去10数年間でLASIKは数百万人に対して行われ、施術を受けられた方の視力を劇的に回復させてきました。当クリニックのレーシックは新型機器と優れた技術によって従来より安全で、より広範な屈折性視覚障害の矯正法イントラレーシックを実践しているクリニックです。